いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ撮影会 中編

等倍で表示
ここの所ウチのPCの調子が悪い。
原因も特定出来ず対応している時間も無い。
だいぶ先だが次の休みまで持ち堪えられるか…。


前回からの続き。
今回はPENを使っている人が多かった。
そこでHapiBeatさんの持っていたツァイス50㎜レンズを借りてみた。
CARL ZEISS Planar T* 50mm F1.4というオールドレンズだ。

等倍で表示
なんか雰囲気がいつもと違うが。
まあこれも撮影会の愉しみ。

開放にまわすと紙のようなピントになり非常に難しいがボケ味は非常に良く発色も自然だ。
写りそのものも硬過ぎもせず程よく軟らかく写る。

これと比べるとキットの標準レンズのボケ具合や発色がごみ屑のように感じる。
ただ、使いこなすには結構腕が必要そうだ。
自分もかなり持て余してしまった。



等倍で表示
焦点距離が長いので常用するには難しいがここ1番の決め手に使うと面白いな。
あと、絞りリングがあるので非常に便利だ。
望遠効果によるボケも多いのでf2.0位で撮っていたがf4.0位でも十分いけそうだ。

同じマウントだとレンズの貸し借りが出来るのでそれも面白い。
ここでレンズを返却し自分のものに取り替える。



等倍で表示
肩乗りインコ。
なるほど!こういう使い方も有ったか。



等倍で表示
上を見ると…。
皆、フィールドを隈なく使っている。



等倍で表示
今回持って行った新兵器の効果がよく出ている。
普通入れ目のドールは室内の限られた光源だと目が暗く沈んでしまい非常に残念な写真になってしまう。
SDのような彫の深い白肌のドールはコントラストも落ちて尚更。

小型のLEDの外部照明のおかげで瞳の色まで写っていうえ、意図的にハイライトも入れられることが判った。
所詮はカメラも光学機械、十分な光が無ければ何も出来ないというところか。
外部照明自体そう安いものではなく効果がどれほどかも判らなかったので躊躇していたが予想以上に良い。
照明は大事だな。



等倍で表示
たまにはこういう写真も。



等倍で表示
ここでファンタジックフォーカスを使えばよかった。
つうか、ころんには星のネックレスをつけるのを忘れていた。
セッティングも思ったものとちょっと違ってしまった。
やはりここのところ勘が鈍い。



等倍で表示
照明のおかげで逆光状態でも強気で撮っていける。



等倍で表示
セピアで。



等倍で表示
ファンタジックフォーカスで。



等倍で表示
普通に。



等倍で表示
トイフォト風。
アートフィルターがコンスタントに出てくると自分のエンジン全開の状態なのかもしれない。

大きいドールは撮影経験に乏しくどう撮って良いか判らない部分も有るが、とりあえずこんな感じでどうだろうか?
また、SDやキャストドールクラスのドールとなるとカメラ、カメラ関係用品、腕に至るまでそれ相応のものを用意しないとその真価が発揮出来ないことが判った。
まだまだ修行不足だ、先が見えない、だから面白い。



今回は新しく持って行ったLED照明の効果と使い方の練習を意識して撮っていた。
フラッシュでは撮るまで効果が分からず減光しても接写では光が強過ぎて拡散しないのでキツイ。
GX100以来5年近くEVFを使い続けている人間にとっては写りを確認しながら設定を詰めていく撮り方をするので常時点灯している照明は非常に相性が良いことが分かった。

レンズにおいてはG20単焦点7割、ED40-150望遠ズーム2割、ED9-18広角ズーム少々の3種類と借り物のツァイスレンズを使った。
全撮影枚数は78枚。大体20枚/hがアベレージなので枚数は普通だった。


後編へ続く。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

オリンパスは現在会社がちょっとアレな状態になってますが
この界隈では一大勢力を築きつつありますね。
自分も銀塩のペンは未だに持っていて愛着もありますし
なんとか持ち直してもらいたいものです。

今回の撮影会はずいぶんとゆりんゆりんな展開が多かったんですね。
ころんちゃんとちいかちゃんが見つめ合ってるのがドキドキです。

アートフィルターは面白い効果が得られていいですね。
今の自分のカメラにはついてませんが、今度買い換えるときには
そういう所もチェックしてみようと思います。

  • 2012/03/05(月) 01:02:00 |
  • URL |
  • 稲村10円 #-
  • [ 編集 ]

自分は45mm常用なのでソレが普通になってたり(w
もともと長い方が好みだったので。

むしろ先日9-18を貸して頂いた時の方が衝撃的でしたね。
「ああ~広角ってこういう写りするんだぁ・・・」みたいな感じで。
1220が黒で発売してくれれば・・・・(涙

アートフィルター適時使ってますよね~流石!!
すっかり存在を忘れてました(苦笑

  • 2012/03/06(火) 00:01:15 |
  • URL |
  • thieri #-
  • [ 編集 ]

>稲村10円さん
オリンパスもまだ流動的ですが一頃に比べれば落ち着きましたね。
個性の強い技術を持つメーカーには残ってもらいたいですね。

3階に有ったベットではなかなかゆりゆりな展開になっていましたよ。
たまにはこういうのもね。
本当はころんのへそがチラ見出来るようにセットしたのですが…。

屋内撮影だとまだスキルが足りなくワンパターンになりがちなのでアートフィルターでアクセントを加えることが出来ますね。
最近はカメラでもソフトでも色々効果を変えるものがありますね。

  • 2012/03/06(火) 23:19:33 |
  • URL |
  • 南風原 #-
  • [ 編集 ]

>thieriさん
45㎜だと私にはちょっと長いですが、最近は長い焦点も使うようにしています。
ペンでは開放ボケよりも望遠ボケのほうが良いボケが出るように思います。

望遠派の人にとっては超広角は凄い写りに見えるかもしれませんね。
1220は悪くないのですが、単焦点でちょっと値段が…。
これならもっと奮発してコシナの新しいやつとかのほうが使い応えがありそうです。

機材も機能も備品も使えるものが有るのであればやはり使ってみないと。
評価は使った後で考えればいいと思いますよ。

  • 2012/03/06(火) 23:41:13 |
  • URL |
  • 南風原 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/87-516728f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。