いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木撮影会 後編

拡大表示
撮影会も終盤へ。


拡大表示
だんだん日が翳り光源が厳しくなってきた。



拡大表示
ミルヒさんと一緒。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
夕暮れの色に。



拡大表示
ピコとピコDだとサイズもだいぶ違うのね。



拡大表示
窓の向こうには六本木ヒルズ。



拡大表示
特に補助光などは使わなかったがさすがに最後のほうはストロボくらい使ったほうが良かったか。
大体の境が分かった所でそれは次に試そうか。



ここからは参加者の方々の子を。
拡大表示

拡大表示
クルミナー85㎜、良い色出す。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
キノン55㎜の白の表現は独特だ。



拡大表示

拡大表示
ローキーのほうが雰囲気があったのでアンダー目に。



拡大表示

拡大表示
キヨハラソフトで逆光。



拡大表示
最後にJohnさん。



拡大表示
ここで終了。
慣らしもしていないレンズばかり使っていたが何とか形には出来た。
後半はウチの子撮るよりもよその子撮るのに気合を入れていた。

企画されたえりーなさんお疲れ様でした。
参加者の皆様お世話になりました。




OLYMPUS OM-D E-M5
SONY NEX-5N


Vivitar 28mm F2.0 MC Close Focus
RJ Focal Reducer FD-NEX

KMZ MC MIR-24M 35mm F2
RJ Focal Reducer M42-MFT

Steinheil München Cassaron 40mm F3.5 VL

Steinheil München Auto-D-Quinon 55mm F1.9

Steinheil München Culminar 85mm F2.8 VL
RJ Focal Reducer FD-MFT + FD-M42adapter

清原光学 KIYOHARA-SOFT VK50R 50mm F4.5


7~8割方キノンとクルミナーの2本で撮っていた。
クルミナーの光学設計は1世紀以上前のもののようだが肖像用レンズだけあって肌色の発色が良く、どことなく絵画のように写るのが面白かった。
シュタインハイルのレンズは自分の好みにピッタリの描写だった。
後はじっくりと使い込んでいくか。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/282-ed027b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。