いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のお出かけ1 野反湖へ 後編

拡大表示
野反湖の湖畔まで降りてきた。
バスの時間的にもここでのシーンで引き返さなくてはいけないだろう。



拡大表示
撮影ポイントはいくらでも有るのだが時間は限られている。
そこが口惜しい。



拡大表示

拡大表示
休んでいる時間も無い。
一気にセッティングして撮っていく。



拡大表示
本当は木が右に来ると良かったのだが気付いたのは帰ってからだった。
光線が厳しいのもあったが。



拡大表示
キヨハラソフトで。



拡大表示

拡大表示
湖畔で広角ソフト。



拡大表示
こちらは遮る物が無いので暴風が吹き荒れている。



拡大表示
青い湖面が濁っているのは残念だ。



拡大表示
そろそろ戻らないと。



拡大表示
あの峠まで30分で戻らないと。



拡大表示
無論撮りながら。



拡大表示
家に置いてきたはずの20mm単焦点が活躍する。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
あの木の見納め。



拡大表示
またいつか。



拡大表示
長い登り階段を登って行く。



拡大表示
上まで一気に上がってきたが、息が…。



拡大表示
バスの時間までもう少しある。



拡大表示

拡大表示
何年狙ってもなかなかこのような好条件には当たらない。
勿体無いが時間なので帰ろう。
また次の機会を伺おう。

家からだと片道5時間以上、滞在時間約3時間半。
おいそれ何度も行ける筈無く、なんとも儚い楽園よ。


撮影機材
OLYMPUS OM-D E-M5
SONY NEX-5N


LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


RMC TOKINA 17mm F3.5
smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8
Rollei Sonnar 40mm F2.8 HFT
Canon NewFD 50mm F1.4
清原光学 KIYOHARA-SOFT VK50R 50mm F4.5

ボディーキャップレンズ BCL-1580

前回ここへ来たときはまだRicoh Caplio GX100だった。
よもやここまで機材が増えるとは。
その分できることが多くて楽しいものだ。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

先日の反省会ではカメラやレンズを見せていただいてありがとうございました。野反湖は素晴らしい景色ですね!そしてソフトレンズに惹かれている僕です。まずはちゃんと正面玄関から入らないと、なのは分かってるんですが…(笑)
また色々とご教授して下さい!

  • 2013/09/06(金) 20:08:19 |
  • URL |
  • さかえ21 #-
  • [ 編集 ]

>さかえ21 さん
先日はこちらこそお世話になりました。
野反湖はとても交通の便は悪いですがダム湖とは思えない素晴らしい景色ですね。
ソフトレンズは市場での数も少なく使うとなるとフルマニュアル撮影の経験が無いとかなり難しいと思います。
まあ、いずれにせよメインとなるカメラからですね。
高性能を求めるのであれば一眼。
ソフトフォーカスレンズを使いたいのであればミラーレスのほうが敷居が下がりますね。

  • 2013/09/08(日) 09:44:01 |
  • URL |
  • 南風原 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/235-c467c88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。