いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のお出かけ1 越生あじさい街道へ 中編

拡大表示
越生の続き。
まだ道の途中だが花がまとまっている所で撮って行く。


拡大表示

拡大表示

拡大表示
望遠で。
アングルファインダーのおかげで苦しい体勢でも細かいピント合わせが出来るようになった。



拡大表示
キヨハラソフトで。
少しの間使わないとすぐに腕が落ちる。
とても難しいレンズだ。



拡大表示

拡大表示
良い感じに光が周ったか?




拡大表示
そろそろ先へ進もう。



拡大表示
清流。



拡大表示

拡大表示
色付きかけの淡い色がなかなか。



拡大表示
まだ途中だが良い時間になってきた。



拡大表示

拡大表示
しかし、わかっていたがここまでとは、NEXのほうはAPS-Cサイズのセンサーだが1/6ドール相手だとパンフォーカスができない。
と言うことは中望遠、開放で狙いたいが手振れ補正が無い。
センサーサイズも大きいので手振れに敏感。
カタログスペックは高いのだが実用となると全然かみ合わないな。



拡大表示

拡大表示
あじさい山公園に到着。
話通り紫陽花は病気により壊滅している。
まだ枯葉があるということは対処がされていないということか?
初動対応をしっかりしていればここまで酷くならないと思うのだが…。
回復も必要だが来るまでの道にも怪しい株が結構あったのでその辺も対処していかないとどんどん広がっていくと思うのだが。

まあ、野外撮影という観点からは人が少なくなるぶんやり易いのだが。

続く。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/224-aebc9607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。