いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のお出かけ2 青空の丘 ひたち海浜公園 後編

拡大表示
ちょっと間が空いたがひたちの続き。


拡大表示
新サブ機導入と新たな中古レンズを試す。



拡大表示
JUPITER-3
ジャンクと言われても仕方がないくらいの酷い状態の玉だが意外といけるか?



拡大表示
だいぶやばそう。



拡大表示
前玉たわしで擦ったような状態、端に小カビ、黄変、ヘリコイド硬、分解痕ありと素晴らしい状態でとてもお買い得だった。
遊ぶ分には十分だ。ただ、軸がおかしいかもしれない。



拡大表示
癖あり過ぎでまともではないが逆に楽しい。
決まるとそこそこ良い感じ。
だいぶ遊んだ、そろそろ離脱しよう。



拡大表示

拡大表示
白い花が混じる。



拡大表示
丘の向こうは海。



拡大表示
初夏の風が心地よい。



拡大表示
花をソフトで。



拡大表示
混雑が激しすぎてこれ以上は無理と思ったがちょっと道を外れたところで。



拡大表示
新緑が良い感じ。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
だいぶ奥まったところで順路からも外れているのだがどんどん人が来る。
ここも撤退だ。



拡大表示
名残の水仙。
さすがに疲れた。
これで撤収。連休時は出るものではないな。



拡大表示
新サブ機はNEX-5Nだ。
性能的にはメインのE-M5相手だと世代が違うのでセンサーの大きさと機体の小ささぐらいしか勝るところがない。
AEが安定しないのも問題あり。
カタログスペックよりもダイナミックレンジが狭い気がする。特にハイライトがすぐ飛ぶ。
コンデジ操作系で使いにくいがMFレンズ専用として使うので大きな問題にはならない。
まさに撮影機能付きデジタル家電というのがピッタリか。

何よりもこのM4/3アダプターでブリッジできるので新たにマウントアダプターを新調しなくてよい。
ただし、安物なので僅かに無限にとどかない。



拡大表示
何気にボディーキャップレンズをつけるとポケットサイズになりスナップでは強力だ。
無限を出すにはコツがいるが。



拡大表示
通常だとけられる。



拡大表示
デジタルズームで1.2倍にすると丁度良い。



拡大表示
気がかりだったマゼンタ被りもなくなかなか良い感じだ。
結構広角でもある。
これからもっと使って馴らしていかなくては。



撮影機材
OLYMPUS OM-D E-M5
SONY NEX-5N


LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ+FCON-P01
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

COSINA 24mm F2.8 MC MACRO
smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8
KMZ MC MIR-24M 35mm F2
清原光学 KIYOHARA-SOFT VK50R F4.5
ZOMZ JUPITER-3 50mm F1.5
LZOS JUPITER-9 85mm F2

ボディーキャップレンズ BCL-1580

さすがに重装備。
本当はGXRが欲しかったのだが高くつくのと液晶とEVFの性能が弱過ぎるのでNEXに。
限られた経済力はドールにも回さなくてはいけないからね。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/208-db96dd76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。