いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールショウ37 後編

拡大表示
前回の続き。
ドルショとその後。

拡大表示
私もありさを持ってくれば良かったか。



拡大表示

拡大表示
カラフルな髪色がそろうと華やかだ。
ドルショはここで終了。
いつも午後から撮影卓なのであっという間に終わってしまう。



拡大表示
その後は2次会。



拡大表示
この娘たちはいつもふんわりとしていて可愛らしい。



拡大表示

拡大表示
平穏だった2次会がこの男により修羅場と化す。



拡大表示
大きなヨーコさんを前にしてもこの存在感。



拡大表示
thieriさんはバージョンアップした眞子さんをほったらかしJohnにゾッコン。



拡大表示
そして暴走。



拡大表示
本当に楽しそうに次々とポーズを付け出す。



拡大表示

拡大表示
素晴らしい胸板。
中盤以降Johnの写真しかなくなってしまった。



拡大表示
だいぶお気に召されたようで。
盛って持ってきて良かったようだ。



拡大表示
最近イベント周期が短くちょっとマンネリ化した所に良い風を入れることができたようだ。
ドールにせよカッコいい、かわいいが全てでは無い。
写真も綺麗で上手いのが全てでは無い。
ドール者だからとドールのみにこだわる必要も無い。
世知辛い時代、遊べる時は思い切り遊ぶのが一番!
個性は人それぞれ、方程式にこだわらずに自分だけの楽しみかたを見つけてみては如何でしょうか?

先日は参加された皆様、お疲れ様でした。



撮影機材
OLYMPUS OM-D E-M5
SONY NEX-5N


LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

COSINA 24mm F2.8 MC MACRO
smc PENTAX-FA Soft 28mm F2.8
KMZ MC MIR-24M 35mm F2
LZOS MC INDUSTAR-61 L/Z 50mm F2.8
清原光学 KIYOHARA-SOFT VK50R F4.5

このザマは、正確にはレンズ沼ではなくオールドレンズ沼で似て非なるものだ。
ドール撮影でオールドレンズを積極的に使う者は少ないと思う。
カメラはレンズが重要で財産だ、本体は消耗品だ。
自分が目指すシステムに一番近いものを選ぶと良い。

Johnのようなソウルフルなドールもそうは思いつくまい。
メインで使っているちいかは野外撮影に最適化するため経験を元にボディをオビニーモを更に改良した高可動ボディを用意したし、白いセーラーワンピは自分でデザインしてオーダーしたものだ。目立たない所にも色々ギミックを注込んでいる。
自由な発想で趣味や遊びをこだわってみるのは楽しいものだ。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/207-7f1a91ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。