いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラー枠フィルター枠だけ

拡大表示
先日ビッグカメラで見つけたフィルター枠。


拡大表示
本当に飾りだけだ。



拡大表示
こちらはシグマの古い24㎜のレンズ。
画質的には純正同クラスに及ばないが寄れるMFレンズ。
M4/3だと48㎜のド標準レンズになってしまうが地味に使い易くお気に入りのレンズだ。
だがこのレンズのフードはフィルター枠に直接噛ませるタイプなのでフィルター面を傷付けてしまいそうで気になる。



拡大表示
このカラー枠をフィルターの前に付けて、これにフードを付ける事にする。



拡大表示
これでちょっと遊びが出来るのでフードを付ける時も気を使わずに済む。



拡大表示
ちょっとは見栄えも良くなるかな。
実質画角からすると別のフードを使えばいいのだろうが、ねじ込みとかはいちいち面倒でかさ張るので使いやすいものの方が良い。
そもそも、オールドレンズに完全な性能など求めていないし遊ぶ分には楽しいのでこれは有りかも。


まあ、最近アゾンもなんだか何処へ行こうとしているのか、お寒いことになっているので食指が動かん。
その点、写真は一生ものだから安心してやっていける。
でも最近のカメラメーカーもユーザーとの乖離が激しいので最近のものはあまり欲しい物も無くなったな。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/146-5a5dae14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。