いつまでも方向音痴

オールドレンズで挑むドール野外撮影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出 阿寺渓谷

日はどんどん昇り、西へと進むうちに空が晴れてきた!
阿寺に着く頃には夏の青空が広がっていた。

拡大表示
スゲエ水の色。
北のほうではもっと水色っぽくなるのでこの辺独特の色かも。
準備をしていると観光客が沢山来て野外撮影どころではなくなったので移動することに。
今考えると、無理してでもここでドールを出して1枚くらい撮っておけばよかったか。

拡大表示
別の場所へ移動。
めぼしい場所には既にキャンパーや観光客が陣取っていたがうまく撮れそうな場所を見つけた。



拡大表示
あの水の色こそ無いが、ここなら周りから見えにくくここへ降りる取付きも難しいので落ち着いてドールを撮るのには丁度良い。



拡大表示
ちょっと雰囲気を変えて。



拡大表示
ぼちぼちと撮り始めますか。



拡大表示
あっちでは既に水を得た魚の如く気合全開で撮りまくっている。



拡大表示

拡大表示
大きいと川に流されにくくて良さそうだな。
ウチの娘は流れの緩い浅瀬でも流されまくっていた。



拡大表示
準備完了!
こちらもいくよ。



拡大表示

拡大表示
さて、水際経験が少ないため水辺だとどんな感じで撮ればいいのだろうか。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
とにかく適当に撮ってみる。
写真は涼しそうだが、実際は湿度100パーセントの炎天下。
体力の落ち切った体には結構堪える。



拡大表示

拡大表示
自分も水の中に入ればよかった。
ジーンズは一度濡れると乾くまで大変だ。
水辺ではそれ相応の装備で来ないとダメだな。



拡大表示

拡大表示
水も滴るいい女。



拡大表示
ドールのほうも水辺専用の装備を考えないとまともに立たせることすら困難だ。
実際に現場に出ないと判らない事も多い。
経験値を上げていかないと。



拡大表示

拡大表示

拡大表示
昼近くなり人の気配も多くなってきた。



拡大表示
やはり夏山は午前中が勝負だ。
山の上から雷鳴が轟いてきた。



拡大表示
色々と次への課題も見えてきたし良い経験になった。
増水されたらヤバイのでこの辺で引き上げることに。

続く。

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haekiti.blog101.fc2.com/tb.php/131-16004a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。